2008年07月01日

運行開始!クローバーバス

クローバーバスは、本日運行初日を迎えることができました。cloverbus0701_1.JPGcloverbus0701_2.JPG
多くの方々の支援と尽力、声援のおかげです。本当にありがとうございます。
cloverbus0701_5.JPGcloverbus0701_3.JPG
おかげさまで天気は晴天!!
報道の方にもたくさん来ていただきました。
一番画になるはず(しかも第1便)マイクロバスが、オプションで無理を言ったため間に合わず、当面レンタル対応となったのが玉キズですが。。

クローバーバスはルート上ならどこでも乗降可能で、続々と乗客が乗り込みます(これが結構報道泣かせ)。

バスの中は
なかなかの盛況ぶり!心なしか、みなさん笑顔に感じられます。cloverbus0701_6.JPGcloverbus0701_7.JPG

それにしても、山の中を走るクローバーバスの姿は素敵だった!!ほれぼれするわ。


posted by   at 18:04 | 新潟 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

NPO総会&クローバーバスお披露目会

今日はNPO法人中越防災フロンティアの総会と、クローバーバスのお披露目会でした。
新潟県ではまとまった雨がなかなかふらない今年の梅雨ですが、今日も晴天でした。

まずは総会。クローバーバスをはじめることになり、一気に正会員が増えた中越防砂フロンティアです。
山古志・太田の96%の世帯が正会員となって頂き、その数600超。そんな数が入る施設は山古志では体育館くらいです。
過半数の参加が得られずに総会が不成立になるなんてことも考えられましたが、そこは加入時にしっかり委任状の説明をしたことで問題なく総会は進みました。
sokai_shijyokai1.JPGsokai_shijyokai2.JPG
写真は長島衆議院議員とフロンティア理事長の挨拶

そしてお披露目会&試乗会
子供たちの闘牛太鼓披露。来賓の挨拶とつづきます。そして事業説明をして、最後に試乗会。
sokai_shijyokai4.JPGsokai_shijyokai5.JPGsokai_shijyokai3.JPG

個人的には、いろいろな人に、「ようやくクローバーバスが走るね!」「おめでとう」と言っていただきました。ねぎらいの言葉も頂きました。握手もいただきました。
一年前の自分からは、こんなことをするなんて全く想像もできません。ここまでくるのに、本当にいろいろな人に助けられてきたとつくづく感じます。

今日でブログ終了!!なんてことを頭をよぎるのですが、ここまでくると欲がでるものでまだまだ理想型には遠いのかな、とも感じています。いろいろやりたいこともある。最大5年間で、山古志・太田にあった公共交通を考えると言っている以上、5年後の姿を見据えてもうすこし頑張っていこうと思っています。
まだスタートにたったばかりです。
地域の全員参加のバスとなりました。たくさんの人が協力してくれたバスです。いろいろな可能性を秘めているはず。
posted by   at 18:20 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

驚異的!!96%

クローバーバスは、地域で支えるバスとして、地域内の全世帯にNPO中越防災フロンティアの会員になってほしいと言い続けてきました。
「地域にとってバスは必要だ」と、バスに乗る人はもちろん、乗らない人も思っているんです。みんなが協力してくれれば、そのことを”姿勢”として示すことができる。そう言ってきました。

7月1日からの運行をまえに、区長さんはじめ地域の人の力を借りて、NPO入会申し込み手続きをしてきました。

全集落分がまとまった結果、、、、

なんと552世帯、全世帯の96%が入会してくださいました。
1世帯で2口以上の世帯もあるので、総数でいったらもっとです。

みなさん、ご協力ありがとうございます。
説明会等は何度も開いてきましたが、それでも96%は驚異的です。
この数字を達成するためには区長さんはじめいろいろな方が、入会の説得をし、また、ことあるごとにクローバーバスのことを語ってくれたんだと思います。
本当にありがとうございます。

使い勝手のいいバスにしていきます。今後ともよろしくお願いします。
posted by   at 13:30 | 新潟 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

パネリストだなんて、恐縮です。

/28(水)〜30(金)に山形県遊佐町にて「環境自治体会議 ゆざ会議」が開催されました。
環境自治体会議」は、特に環境政策に力をいれている自治体が集まったネットワークです。

そこで、このクローバーバスの取り組みについて報告してきました。「農村地域の公共交通を考える
」という分科会の中です。
photo_kannkyokaigi.JPG
ご存じのとおり7/1よりクローバーバスは運行するので、乗車実績なんて報告できません。
ですが、せっかくの依頼を断るのは心苦しい、というか「他の中山間地域の参考になりたい」と謳っている以上、報告しない理由がないですよね。
仕組みと、どうしてこの仕組みにしたかという狙い、準備状況や説明会でのみなさんの反応について報告してきました。

さらに報告だけでなく、そのあとはパネリストとして、いろいろな質問に答える立場に。
もちろんクローバーバスの取り組みをベースに回答しているんですが。

また、偶然ですが、環境自治体会議のロゴもクローバーでした。

環境自治体会議原稿[PDF:580kB]
posted by   at 13:20 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

運行計画の詳細が決定

5/14は第5回の「山古志・太田地区生活交通協議会」でした。

・ダイヤ見直し時期を12月にしたのですが、「柔軟に運営するのがこのバスの仕組み。もっと早い時期で見直すように」
・「今回反映されなかった地区の要望についても、引き続き検討していってほしい」
・「会員入会の際には、もっと地域(区長)の力を活用した方がよい」
・「バス停の設置についてはもう少し時間を掛けて詰めていこう」

等の意見が出ましたが、7/1からの運行について了承がとれました。

NPO中越防災フロンティアの「クローバーバス事業計画」として、近々ホームページにupします。

まだ1本も運行していないのだから、振り返るような時期ではないのですが、わたしがバス(をつかった地域活性化)事業計画をつくり、それを実現させようなんて1年前には考えられない展開です。「中山間地域に広がるバス問題解決のひとつのモデルとなる」という無茶な目標に向けて、5年間のなが〜い社会実験で、いろいろな取り組みを仕掛けていきます。
posted by   at 18:42 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

今日は協議会

今日は第5回山古志・太田地区生活交通協議会が長岡市で開催されます。
(15:00〜、場所ニューオータニ長岡)
7月からの運行にむけて、最後の協議会になります。今日で運行計画の詳細が決定します。
地域への説明会をして、関係者との協議を重ねてきたので、大きく転換するとは思いませんが「これで行こう」とお墨付きが得られれば。
posted by   at 09:49 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

クローバーバスのデザイン

a.gifb.gifd.gifd.gifクローバーバスのデザイン案が4つ出来ました。
描いてくれた方々、ありがとうございます。
それぞれ全塗装版とメーカーカラーベース版があります。

どれが良いですか?みなさんのご意見お聞かせ下さい。
来週にはバス発注予定です。「わたしもデザインする」という人も、いそげば間に合うかも。

デザイン案一覧[ PDF:721KB ]
※画像をクリックしても表示されます。
posted by   at 13:22 | 新潟 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

需要予測は難しい

久しぶりの更新。
最近は、地域内の各地区でクローバーバスの説明会を行っています。
先週は2地区、今週も2地区。今日も山古志会館で説明会。これで全地区一通り説明会を行ったことになります。

説明会では、毎回あたらしい要望や発見があるのですが、先日の虫亀地区の説明会でも指摘を受けました。
今説明に使っている運行計画は、昨年度の乗車実績をもとにつくっているのですが、今年の4月に入学した高校生がどこに通うかで、だいぶ利用傾向が変わるんです。数人程度とはいえ、毎日ですから大きな変化です。9人乗りのつもりが、それでは対応できなくなるともありえます。集落内の高校生が卒業して、ある路線は朝の一便が不要になったりしますからダイヤも考慮する必要も出てきます。
これらの要望にどこまで応えるかは別にして、需要予測は困難だなと思いました。中山間地域ではバス事業者が需要予測をもとにダイヤを組んでも、地域のニーズからかけ離れるのは当然だなと感じました。

集落内のだれがバスをつかってどこにいっているかを、集落の人は把握してる地域。だったら、地域の人が運行計画をつくりに参加するのが一番です。そして、そのニーズが対応すべきものか、対応可能なものかを地域で判断できれば。
そうすれば、状況にあわせて形を変えながらも、地域の身の丈にあった公共交通がずっと続いていくのだと思います。
posted by   at 13:35 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

第4回山古志・太田地区生活交通協議会を開催致しました

本日は、4回目の山古志・太田地区生活交通協議会でした。kyogikai.JPG
いよいよ最終局面ということで、会議室はいっぱいでした。TVカメラも入っています。

これまで、集落の説明会をやっていますので、地域の声を反映した計画になったのではないかと思います。
日曜日の扱いや一見さん対応等クリアしておく宿題がいくつか残されましたが、ダイヤなどはほぼ決まってまいりました。
「地域の全世帯が会員」「地域の人が運行もする」といった点も、達成できる見込みです。

次回で協議会は最後にします。それまでに懸案事項は全部固めて、その後はトライアル運行などだけです。
posted by   at 19:00 | 新潟 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

説明会は続く「種苧原集落説明会」。

種苧原集落へクローバーバスの説明会に行きました。

種苧原は、山古志のなかで一番大きな集落です。そして表現が適切か分かりませんが、一番奥にある集落です。
tane.JPG
説明会は平日のお昼ということで、参加者は50名ほど。でも、女性の方が多く、実際にバスを使っている、または家族が使っているって方の参加が多かったという印象。だから、結構中身が具体的でした。
 主な論点は、中心部まで直通で行くか、それとも路線バスと接続する場所で折り返すか。後者の方が、折り返す分だけ便数は多くなりますが当然乗り継ぎ料金は必要です。この辺りは、前日の太田地区で出た意見で、もっといろいろな人の意見を聞いていきたいですね。
 あとは一世帯で複数人が使う場合の取扱い、一回きりの人の扱いですね。この辺りは早めに固めていかないと。
  
すでに集落内ですこし話合いがあったようで、集落内全世帯参加(NPO会員)と言う話はあっけないほどすんなり合意がとれました。「みんなで支える仕組みが必要なんです!!」というこちらの説明も、みなさん「大丈夫、わかっとる。」という感じで聞いてらっしゃいました。
そして、「必要なサービスは要求するし、無理ならそう言ってくれ。でも過度なサービスは要求しない。」という集落の雰囲気を感じました。前回の太田でも同じです。その他にも、考えさせられる発言がいくつかありました。

説明会を続けて、「視界良好!」とはまだ言えませんが、だんだんクローバーバスの輪郭がくっきりしてきました。生の声を聞くとやっぱりおもしろい。

帰りは、いつもの道(想定バスルート)ではなく、栃尾市を通って帰りました。
名物の油揚げを買おうと思ったのですが、どこも品切れでした。残念。
posted by   at 20:38 | 新潟 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

皆さん初めまして「太田地区説明会」

今日は太田地区にクローバーバスの説明会をしました。
みなさんの関心が強く、全世帯の6,7割は参加下さいました。そしてたくさんの意見を頂きました。
ota2.jpg
説明に行く前は、たくさんの要望が出るんだろうなと思っていました。夜遅い便もほしいとか。
でも、予想と違って地域の人は無駄に本数が多ければ良いとは思っていなかった。

意見は大抵「この時間帯はいるけどこの時間帯はいらない」「○○から先は乗り継ぎ(料金)が発生しても、この時間にここまでのバスはいる」というトレードオフのものでした。
それは、自分か家族かもしくはご近所さんか、とにかくバスを使う人の顔を明確に意識している要望で、あったら便利とか誰かが使うかもというぼんやりとしたとしたものではなかった。

そして、地域内のバスを使わない世帯もNPO会員になることに理解を頂いており、バスの問題が地域全体の問題であるという認識が思ったよりもずっと浸透していました。この取り組みの理念も想像以上にわかって下さっていたと思います。きっと地区の会長さんはじめたくさん話し合ってきたんだろうなと。
ota1.jpg
とにかく、貴重な意見がたくさんもらえ、認識を新たにする機会となりました。皆さんありがとうございます。これは他の集落にも説明会に行かないと。


ちなみに今日は、春の到来を感じるとても暖かな日でした。
posted by   at 20:47 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

地域の人が運転するのが良い

7月から「NPO法人中越防災フロンティア」が、クローバーバスを運営します。でも将来的には域の方々による運営組織をつくり、バスの運営・運行もするのがベストだと考えています。

地域の人はほとんど運転できるんだから、それを使わないのはもったいない。しかも雪道にも山道にも慣れている。バスに乗る人が劇的に増えることはないだろうから、他の事業とかイベントとか地域のいろいろなことと連携することも必要だし。
あと、集落のことは集落が一番知っているから。正確な需要とサービスレベルの把握ができるのも地域の人だし、路線の維持も地域で検討し、収入にあった必要なサービスレベルを自分で決定すれば良いと思ってます。

NPOには、その組織づくりとバスをつかった地域活性化の地ならしも課せられています。そして運営を移管するのは約5年後。

というわけで、現段階からクローバーバスの運転員は、できるだけ地域内でまかないたいと考えています。
先日は、運転員として協力できる人がいないかと、山古志で説明会をしてきました。前向きな回答もあって、だんだんといろいろな人の力を集まってきたことを実感。
posted by   at 20:28 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

ここで待つのは辛い。

muramatsu_kaiten.jpg写真は、路線バスと今のコミュニティバスが接続する「村松(回転場)」です。
路線バスは、ここまでは結構頻繁に来ます。1日12便。

クローバーバスは、長岡駅や周辺の病院等まで直接行く時間帯もあるのですが限られますので、路線バスに乗り継いで長岡中心まで出かける(また帰ってくる)人も結構多いと思います。
だからここで、乗り継ぎ相手のバスが来るのをゆっくり待つことができればいいなぁと考えています。

突然ですが、私、小学生の時はバス通学でした。続きを読む
posted by   at 20:55 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

たたき台は大事

昨日は第3回山古志・太田地区生活交通協議会でした。

たたき台として、
・長岡駅と周辺の病院等を経由する基幹路線(3往復)
・昼間は需要にあわせたデマンド方式
・地域の全世帯がNPO会員となることを目指す 等を示しました。

とりあえずたたき台の案を示したことで、意見がたくさんでて、議論がぐーーんと進んで良かった。

まだまだ準備や問題が山積みですが、ようやくいろいろな所と議論・調整するベースが出来たということで大きな前進でした。
posted by   at 19:18 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

雪道の運転は

虫亀集落の会合虫亀集落の会合の際に少し時間を作っていただき、コミュニティバスについて説明してきました。
バス会社からNPOに運営が変わったんじゃない。バスを運営するのはNPOだけど、地域みんなのものです。良いものにするかどうかは皆さんですと説明したつもりです。

そのあとの懇親会にも同席させていただき、帰る時には一面雪景色でした。急な坂と細い道とつもった雪。AT車であんなシフトチェンジしたのは初めて。

これから本格的に雪が降るなか、普通に運転できる地元の人はすごい技術をもっているはずと認識しました。これは活用するしかないと。
posted by   at 12:06 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
やまこし復興―希望をつないだ国道291号の680日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。