2008年02月08日

ここで待つのは辛い。

muramatsu_kaiten.jpg写真は、路線バスと今のコミュニティバスが接続する「村松(回転場)」です。
路線バスは、ここまでは結構頻繁に来ます。1日12便。

クローバーバスは、長岡駅や周辺の病院等まで直接行く時間帯もあるのですが限られますので、路線バスに乗り継いで長岡中心まで出かける(また帰ってくる)人も結構多いと思います。
だからここで、乗り継ぎ相手のバスが来るのをゆっくり待つことができればいいなぁと考えています。

突然ですが、私、小学生の時はバス通学でした。学校でうちの町内だけがバス通学。それで、朝降りるバス停と帰りに乗るバス停が違ってました。
帰りのバス停は公園の前にあって、いっつもその公園で遊んでました。ただでさえあまり来ないバスを何本も見送ってた記憶があります。
今考えると、学校も公園で遊んで時間をつぶせってことでそのバス停を指定したのかな。


クローバーバスは、地域のみなさんにたくさん使ってもらえる便利なバスを目指しますが、あんまりたくさんは走らせられないと思います。
でも、バスを待っている時間を快適に過ごしてもらえる工夫をして、少ない便をカバーしたいと考えています。
バス停がたまり場になって、おしゃべりしてバスを見送るくらいになれば良いな。そのバス停を目指してバスに乗るくらいになれば良いなと思っています。

「あそこ待合いスペースにつかえないかな。」そんなことを思いながら地域内をドライブしています。
それにしても、写真の奧に見える小屋が使えないかな?中に自販機くらいは置きたいな。冬にここで待つのは辛いし。


「うちを待合いスペースに使って良いよ」って方、募集中(地区内、長岡中心どっちもです)。快適なバス停のアイデアも募集中。


-->
posted by   at 20:55 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
やまこし復興―希望をつないだ国道291号の680日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。