2008年01月31日

なぜ「クローバー」なのか(3)

しつこいですが、山古志・太田地区にコミュニティバスを走らせ、バスを中心にして地域が元気になるこの取り組みを、「クローバー・プロジェクト」と呼んでいます。

なぜ「クローバー」なのか?その3。

中越地震により山古志村は全村避難となり、同時に路線バスは休止となりました。そして結局そのまま路線バスは昨年12月をもって廃止となりました。

車を運転できない高齢者や子供達の足となるバスは、地域の復興に欠かせないものです。
そしてバスを走らせるには、たくさんの人の想いと力が、”愛”が必要です。

ということで、

中越(Chuetsu)の復興(Revitalization)を愛(LOVE)で結ぶとクローバー(CLOVER)が現れる。

みんなに幸せを運ぶクローバーバスです。

「クローバー」の由来はこれでおしまい。
なぜ「クローバー」なのか?(1)
なぜ「クローバー」なのか?(2)


-->
posted by   at 14:46 | 新潟 | Comment(1) | TrackBack(0) | 方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フラッシュが消えてますよ・・
Posted by t at 2008年06月23日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
やまこし復興―希望をつないだ国道291号の680日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。