2008年01月25日

なぜ「クローバー」なのか(2)

山古志・太田地区にコミュニティバスを走らせ、バスを中心にして地域が元気になるこの取り組みを、「クローバー・プロジェクト」と呼んでいます。

ちなみにバスは「クローバーバス」。ネーミングライツでいい話でもあれば、変更もやむなしですが。。

なぜ「クローバー」なのか?その2。運行エリアをクローバーに見立てています。
山古志・太田地区を運行する4枚の「葉」と、葉と長岡中心を結ぶ「茎」で運行エリアはできています。
yotsuba2.jpg
「クローバーの茎」は、長岡駅や周辺施設と地域を結ぶ基幹路線です。
 根から葉へ栄養を運び、山の暮らしの維持と山への誘客、交流をします。

「クローバーの葉」は、地区内をすみずみまで循環します。
 地域の移動手段となることはもちろん、コミュニティ形成にも寄与するものにしたいと思っています。

なぜ「クローバー」なのか(3)
なぜ「クローバー」なのか(1)


-->
posted by   at 14:03 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
やまこし復興―希望をつないだ国道291号の680日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。