2007年12月21日

なぜ「クローバー」なのか?(1)

山古志・太田地区にコミュニティバスを走らせ、さらにバスを中心にして地域が元気になるこの取り組みを、「クローバー・プロジェクト」と呼びます。

takusan_chikara.gifなぜ「クローバー」なのか?

これまでのバスは、バス事業者に頼りきっていました。路線やダイヤの検討、運行、全部バス事業者が行います。ですから赤字路線を維持するための努力の限界、つまり路線廃止の判断もバス事業者が行います。

全国の地方都市、中山間地でバス路線の廃止が頻発していますが、一番の原因はバス事業者に”頼りきっていた”ことだと考えます。

ですから、このあとNPO法人中越防災フロンティアが運営・運行するバスは、地域の皆さんをはじめ、たくさんの人の“想い”と“力”を集めて走ります。

具体的にはみなさんにはこんな協力をしてもらう予定です。「地域の皆さん」
地域まるごと会員制を考えています。「地域の皆さん」は全世帯がNPOの会員になって下さい。会員の方はコミュニティバスを自由にご利用下さい。運賃は無料です。
会員=運営主体の一員です。運行計画を一緒に考えましょう。
お時間のあるときに運転していただける「ドライバー登録」を考えています。
その他、地域を元気にする事業開発にご協力下さい。また将来的な運行の担い手(地域組織)づくりに行っていきます。

「地域外の皆さん」
個人や企業の協力を集めます。NPOに賛同してくれる方は、NPOの会員になって下さい。企業の協賛、各種スポンサードも考えていきます。また、このバスを使って山古志に来て下さい。

「行政」
バス事業への財政支援と将来的な運行の担い手(地域組織)づくりのサポートをお願いします。

「NPO法人中越防災フロンティア」
コミュニティバス運営運行主体です。安全で継続的な運行につとめます。また、このバスをつかって地域が元気になる取り組みをしていきます。さらに将来的な運行の担い手(地域組織)づくりに努めます。

この4つの力を、4枚の葉っぱにみたてました。「クローバー」とした1つの理由です。

なぜ「クローバー」なのか(2)へ


-->
posted by   at 18:24 | 新潟 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
やまこし復興―希望をつないだ国道291号の680日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。