2010年08月31日

残念で、しかたがない・・・

既に一部で報道されているが、山古志の復興のスター、アルパカの赤ちゃん「ムク」が、死んでしまった。連日の猛暑による熱射病とみられるそうだ。

6月に生まれたばかり。キラキラした大きな瞳が可愛くて、全国からムクを見るためにやってくる子どもたちも多かった。油夫集落の飼育担当の方々も、日よけを作ったり水を撒いたりしてきたが、今年の猛暑には勝てなかった。

muku.pngアメリカからアルパカを譲り受け、自ら「アルパカ」担当を名乗っていた前山古志支所長の青木氏。現在は私たちNPO中越防災フロンティアの事務局長として山古志の復興に携わっている。「昨日からムクが元気なくてよ」と、家族のように心配していた矢先の出来事だった。その日の午後に私の携帯に、青木氏からの電話が・・・。嫌な予感は当たってしまった。「助けられなかったーやー。残念で仕方がねーてー・・・。」

アルパカ担当として、ムクの埋葬や法要、そのあと集団でやってくるだろう報道への対応。悲しくて切ないのに、青木氏は気丈にふるまわなければならない。電話口では、いつもの強気の声音はなかった。

生まれたばかりのムクは、厚い毛をまとったままだし、子供ということで体力もなかったのだろう。本当に可愛かったあの瞳を思い出すと、胸が苦しく、残念でならない。油夫集落のおぱあちゃんたちも、自分の子供や孫のように可愛がっていたために、悲しみでいっぱいだ。

短い間だったけど、みんなに元気をくれてありがとう、ムク。ゆっくり休んでください。


-->
posted by   at 08:31 | 新潟 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
やまこし復興―希望をつないだ国道291号の680日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。