2008年11月26日

1年に1回思い出すだけでは・・

新潟日報より
上越市、バスで「はんこ旅」

いいですね。こういうの。
イベントをきっかけにして、
 ・バス利用者を増やす
 ・地域を知る
 ・環境問題を考える
 ・参加者から不便さなど意見を集める(意外とバスを見直す?)

別の地域で、バスを使って観光資源をまわるエコバスツアーをやっている方に聞いた話では、−−それは1dayなんですが−−参加者同士がバスのなかやポイントで「ここにはどうやって行くの?」と意見交換したり会話する光景がみられるんだとか。それでいて、それぞれは別の場所を目指しているので、途中下車したり別の便に乗ったり。バスのなかで繰り広げられるつかの間の出会いと別れ(大げさか)。

特にバスツアーにこだわる訳ではないですが、こういう普段バスを使わないひとを巻き込む何かをしたいですね。普段クローバーバスをつかっているひとでもなく、地域外のひとでもない。山古志・太田に住んでいて、クローバーバスには乗らないひとが、一度は乗ってみるような企画。乗せるのが難しいなら、クローバーバスのことを考える、思い出すだけではもいいんだけど。

年に1度、NPOの会費徴収のときだけクローバーバスのことを思い出すだけでは寂しいし。。

bus_enq_1.jpgちなみに、先のアンケート調査では地域内のうち2/3は、世帯のだれかがクローバーバスを利用しています。残りの1/3も巻き込むようなこと。

画像はアンケートとりまとめより抜粋。


-->
posted by   at 19:45 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
やまこし復興―希望をつないだ国道291号の680日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。