2008年09月30日

牛の角突きはバスで見に行こう

前回のクローバーバス企画便、クローバーバス×(牛の角突き+復興視察)に行きました。スタッフとしてではなくプライベートで。実施報告はこちら。

楽しかった。
角突きは天気もよく、取り組みも充実していて楽しめました。
バスの中も、よく知るフロンティアスタッフの被災地案内と、角突きスタッフのおじいさんの説明が良いバランスで。客観的にみても盛りだくさんのお得な旅でした。(私は自分自身を客観的に見る事が出来るかどうか不安なので、)参加者へのアンケートも高評価。

4回目の角突きバスが10/12(日)にあります。今度はあまやち会館にもいくそうです。よろしければご参加ください。
秋は味覚も豊富です。山古志支所では直売所がでていて、こちらによってくれるのも嬉しいですね。続きを読む


posted by   at 19:19 | 新潟 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

ウラジオストクで公共交通のことを考えてみた

vla1.JPGvla3.JPGvla2.JPG前回の続きでまたロシア極東にいった話。
クローバーバスとは直接関係ないですし、前回の記事が特別好評だったので、、、という訳でもないのですが。。

ウラジオストクには、公共交通がたくさん。
シベリア鉄道の起点でこれに乗れば遠くヨーロッパまで行けます。たまたま通った時も、フォームでは仲間を見送る若者の宴?が開かれていました。
街中ではバスがいっぱいあって乗客がぎゅうぎゅう詰めで乗っていました。
郊外では日本ではほとんど見ることのない架線があって電気で走るトロリーバス。
そして路面電車も走っています。続きを読む
posted by   at 19:09 | 新潟 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

新潟交通@ウラジオストク

kure-take.JPGbus_at_vla.JPGbus_at_vla2.JPGまったく関係ないのですが、別の仕事で先週ロシア極東地域に行ってきました。

中古の日本車に対する信頼度は高く、本当にたくさん走っています。それこそ日本国内の日本車率より高いくらい。また、元会社所有の車が、ペイントそのままで走っているのもよく見かけます。ロシア進出したのか??と驚くのですが、そんなはずはなく。。日本車だよ、高品質だよっていうアピールになることもあるんだとか。

ただ、車は右通行の社会です。バスに関しては開くドアの方向が違うし、道路の真ん中から乗り込む訳にはいきませんからさすがに日本製は少ない。韓国製が多かったかな。

ところが、、
私、普段は新潟市に住んでいるのですが、街中でどこかで見たことがある車両(2枚目写真)。。。
次の日、またしても遭遇。なんと新潟交通の車両をウラジオストクで発見!!
車両はISUZU製(3枚目写真後方のはたぶん韓国製)。左側前方にあるはずのドアを、、、、ふさいだのか?右側にドアを作ったのか?
ちなみに3枚目は、偶然開催されていたウラジオストク映画祭の会場での写真。VIP向けとして使われてるのかな?

新潟交通はこちら このデザインは高速バスのようですね。
posted by   at 18:54 | 新潟 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

キャンペーン「一万人を突破するのはいつだ!」

前のコミュニティバスを超える勢いで、順調に乗客数を伸ばすクローバーバス。
そこで、乗客1万人を突破を記念したイベントを2つ行います。

1つは、実際に1万人目の乗客としてバスに乗ったお客さま。現地で豪華?記念品を渡したいと思います。

もう1つはこのブログ内。1万人突破する日を予想するキャンペーン。
 ○あたった方には、蓬平温泉宿泊半額券をプレゼント。
 ○上のお問い合わせフォームから応募してください。
   ・1万人突破予想日
   ・氏名
   ・住所/Eメールアドレス
   ・(その他一言)
 ○応募期限は9月30日まで

ここでヒント。present.jpg
 ○運行開始から2ヶ月間(7/1〜8/31)の乗車実績は5616人
 ○8月は夏休みで、子供たちはあまり乗っていない。
 ○10月に一部ダイヤが変わるかも・・。

どしどしご応募してください。
posted by   at 14:10 | 新潟 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

夏の終わりに・・・工作

昨日は8月31日。
夏休み最後の日であり、子供たちは宿題に追われている日。最近は家族が手伝うのが結構一般的だとか、そうじゃないとか。
最終日に家族総出でドタバタと、、、そんなサザエさんのような光景が本当にあるのかどうかは知らないけれど、まぁ子供が小さい我が家には無関係。。そう思っていたら。。

当時の記憶がよみがえったのか、すでに習性として体に染みついているのか、、それとも「ちゃんと計画どおりすすめる子でした」という本人の言葉を信じるならば突発的なのか、、、
妻が急にそわそわしだして、なにやら文房具屋に連れて行けと、そして8月も残り数時間となった夜中に工作を始めた。

話が変わって息子(1歳)は乗り物が好き。ベランダから家の前の通りを眺めるのがお気に入りで、消防車やパトカーなど絵本でみた車が通ろうものなら大興奮。
その中でもバスが大好きで、ベランダだろうと街中だろうと発見するなり「あう!」と大声をだして指で指し、見えなくなるまで指で追い続ける。
080901_bus_kosaku.jpg080901_bus_kosaku2.jpg
というわけで、妻の2008夏の作品がこれ。クローバーバス→→
牛乳パックと色紙を使って、はさみとノリ、テープで作り上げる。
最近は電子部品いっぱいの工作キッドとか至れり尽くせりの飼育セットとかが売られていて夏休みの自由研究や工作も様変わりするなか、「これぞ夏休みの工作」というべき作品。

今朝息子に提出。そして興味津々の息子でした。
posted by   at 16:34 | 新潟 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
やまこし復興―希望をつないだ国道291号の680日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。