2008年04月18日

クローバーバスのデザイン

a.gifb.gifd.gifd.gifクローバーバスのデザイン案が4つ出来ました。
描いてくれた方々、ありがとうございます。
それぞれ全塗装版とメーカーカラーベース版があります。

どれが良いですか?みなさんのご意見お聞かせ下さい。
来週にはバス発注予定です。「わたしもデザインする」という人も、いそげば間に合うかも。

デザイン案一覧[ PDF:721KB ]
※画像をクリックしても表示されます。


posted by   at 13:22 | 新潟 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

需要予測は難しい

久しぶりの更新。
最近は、地域内の各地区でクローバーバスの説明会を行っています。
先週は2地区、今週も2地区。今日も山古志会館で説明会。これで全地区一通り説明会を行ったことになります。

説明会では、毎回あたらしい要望や発見があるのですが、先日の虫亀地区の説明会でも指摘を受けました。
今説明に使っている運行計画は、昨年度の乗車実績をもとにつくっているのですが、今年の4月に入学した高校生がどこに通うかで、だいぶ利用傾向が変わるんです。数人程度とはいえ、毎日ですから大きな変化です。9人乗りのつもりが、それでは対応できなくなるともありえます。集落内の高校生が卒業して、ある路線は朝の一便が不要になったりしますからダイヤも考慮する必要も出てきます。
これらの要望にどこまで応えるかは別にして、需要予測は困難だなと思いました。中山間地域ではバス事業者が需要予測をもとにダイヤを組んでも、地域のニーズからかけ離れるのは当然だなと感じました。

集落内のだれがバスをつかってどこにいっているかを、集落の人は把握してる地域。だったら、地域の人が運行計画をつくりに参加するのが一番です。そして、そのニーズが対応すべきものか、対応可能なものかを地域で判断できれば。
そうすれば、状況にあわせて形を変えながらも、地域の身の丈にあった公共交通がずっと続いていくのだと思います。
posted by   at 13:35 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
やまこし復興―希望をつないだ国道291号の680日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。