2008年02月28日

地域の人が運転するのが良い

7月から「NPO法人中越防災フロンティア」が、クローバーバスを運営します。でも将来的には域の方々による運営組織をつくり、バスの運営・運行もするのがベストだと考えています。

地域の人はほとんど運転できるんだから、それを使わないのはもったいない。しかも雪道にも山道にも慣れている。バスに乗る人が劇的に増えることはないだろうから、他の事業とかイベントとか地域のいろいろなことと連携することも必要だし。
あと、集落のことは集落が一番知っているから。正確な需要とサービスレベルの把握ができるのも地域の人だし、路線の維持も地域で検討し、収入にあった必要なサービスレベルを自分で決定すれば良いと思ってます。

NPOには、その組織づくりとバスをつかった地域活性化の地ならしも課せられています。そして運営を移管するのは約5年後。

というわけで、現段階からクローバーバスの運転員は、できるだけ地域内でまかないたいと考えています。
先日は、運転員として協力できる人がいないかと、山古志で説明会をしてきました。前向きな回答もあって、だんだんといろいろな人の力を集まってきたことを実感。


posted by   at 20:28 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

くつろげるバス停

前回の記事を書いてから、くつろげるバス停を探していたら、おもしろいバス停がありました。

足湯付きバス停。
奥飛騨温泉郷の新平湯温泉に3箇所あるそうです。
リンク先の一番上と一番下です。最後のなんて床暖房もあるらしい。
今なら雪景色を眺めながら、ゆったりとバスを待っているんでしょうね。

http://www.okuhida.or.jp/news/7.html

これがあったら、バスが来るのをゆったり待てそう。足湯目当てにバスに乗る人もいるんじゃないのかな?

太田地区には蓬平温泉という有名な温泉があります。山古志でもお湯は出る。
学生ボランティアで結成された「中越・KOBE足湯隊」が活躍した経緯もある。

おばあちゃんがバスに乗って足湯バス停に集まって、おしゃべりしてまたバスで帰っていく。
これぞコミュニティバス(はずかしながら乗り物と風呂をかけています)。
posted by   at 19:36 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

ここで待つのは辛い。

muramatsu_kaiten.jpg写真は、路線バスと今のコミュニティバスが接続する「村松(回転場)」です。
路線バスは、ここまでは結構頻繁に来ます。1日12便。

クローバーバスは、長岡駅や周辺の病院等まで直接行く時間帯もあるのですが限られますので、路線バスに乗り継いで長岡中心まで出かける(また帰ってくる)人も結構多いと思います。
だからここで、乗り継ぎ相手のバスが来るのをゆっくり待つことができればいいなぁと考えています。

突然ですが、私、小学生の時はバス通学でした。続きを読む
posted by   at 20:55 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
やまこし復興―希望をつないだ国道291号の680日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。